>

注目の!これから需要が伸びそうな資格

今後注目の資格

では注目するべき、これから需要が増えていく見込みのある資格とは、どういったものでしょうか。

マイナンバー実務検定は、マイナンバー制度の導入に伴って始まった資格です。マイナンバー制度についてや、管理するための知識を量る検定試験です。多くの会社にとって、マイナンバー制度の管理は大きな課題の一つです。今後幅広い職種で役に立つ資格と言えるでしょう。

メンタルヘルスマネジメント検定は、メンタルヘルスに関する知識を問う検定試験です。近年、働く人の心の健康が問題となっており、メンタルヘルスケアのニーズは高まってきています。難易度のレベルごとにセルフケアコース、ラインケアコース、マスターコースの3種類があります。

調剤薬局事務、HSK

調剤薬局事務資格は、薬局で事務作業をするための資格です。
この資格が人気なのは、就職に繋がるからです。それに年々求められる専門性も高くなってきているそうです。指定された通信講座を受講して自宅で試験を受けるので、合格率もとても高いです。

最近では海外からの観光客も増加し、中国語のニーズなども高まっています。
中国語の能力検定で、国際資格であるHSK(漢語水平考試)が、日本の中国語検定よりも人気が上がってきているそうです。
これは国際的な認定試験で、筆記試験は6レベル(6級が最高レベル)に難易度が分かれており、口述試験は3つのレベルに分かれています。4級あたりからは中国語でスムーズに会話できるレベルとされています。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ